Skip to main content

モービルアイ(mobileye)ADASを実現する基幹システム

ADAS(先進運転支援システム)はパッシブ(受動的)システムとアクティブ(能動的)システムを持っています。パッシブシステムはドライバーに潜在的な危険を知らせ、ドライバー自身の操作による危険の回避を促します。例えばLDW(車線逸脱警報)はドライバーの意図しない、又は指示のない斜線離脱を警告します。FCW(前方衝突警報)は衝突が起こりそうな前方車両との距離感を知らせ、ドライバーに原則を促します。

一方アクティブシステムはシステムが自らの判断で行動を起こします。AEB(緊急自動ブレーキ)は起こりそうな衝突を感知して、ドライバーの介入に関係なくブレーキをかけます。ほかにアクティブシステムの例としてはACC(アクティブクルーズコントロール)、LKA(レーンキープアシスト)、LC(車線中央維持昨日)、TJA(渋滞支援機能)などがあります。

ACC(アクティブクルーズコントロール)は、前方に遅い車両がいる際は自動で速度を調節し、先行車両に合わせます。LKA(レーンキープアシスト)とLC(車線中央維持機能)は車線から離れないように自動でハンドルを操作します。TJA(渋滞支援機能)は渋滞時におけるACCとLCのコンビネーションで、停止、再始動を含め先行車に自動で追従します。これらが準完全自動運転、完全自動運転の基幹をなす機能です。

 

モービルアイはADASの機能、AEB、LDW、FCW、LKA、LC、TJA、TSR、IHCの解析ソフトウェアをEyeQチップを搭載したウィンドシールドモノカメラで支えます。

完成車両にはじめから搭載されるADASだけでなく、モービルアイはアフターマーケット用に、既存車両に追加出来る警告機能限定システムも開発しています。モービルアイのアフターマーケット製品は1つのパッケージで、ドライバーの命を守る数えきれないほどの注意を促します。

詳しくはアフターマーケット製品を参照してください。(製品ページへリンク)

 

モービルアイ(mobileye)の優位性

設立以来モービルアイが考えるのは、人間が視覚を頼りに運転できるなら、コンピュータにもそれが可能であるということです。つまり、カメラは自動運転システムに人間レベルの認識、動作を持たせられるほど重大な役割を持っています。明確であったり不明確であったりする膨大な情報を、360度全周囲のカメラセンサーだけが感知して、他のセンサーを支える骨子になれるのです。20年ほど前、カメラのセンサーとしての優位性を発見して以来、集中的に投資・研究開発してきたことが、モービルアイを自動車業界におけるヴィジョンセンサーのリーダー的存在にしました。

モービルアイのカメラ機能の開発は、常にすべての機能的要求を、外部機器に依存せずに最適な形で自己完結型できるものを目指します。実演では私たちの試験機はカメラのみを頼りに自動操縦でイェルサレムとテルアビブを往復します。一方で、レーダーやレーザー照射を併用した量産自動運転車を走らせ、常にさらなる改善点を模索しています。