Skip to main content

自動運転の定義は、6段階(レベル0~5)に分けられます。モービルアイの提携企業の一つBMWはレベル3では目を離せる、レベル4では意識を逸らせる、レベル5では運転手が要らない、と自動化の段階を説明しています。レベル3以上を私たちはAD(自動運転)と呼んでいます。現在の市場のレベル1か2の段階からレベル3に移行するのはとても大きな飛躍です。レベル3である「ドライバーが目を離せる」という段階に達するには、より多くのセンサー、ソフトウェア、高解像度地図、高度なアルゴリズムが必要です。レベル2から3への移行は技術的に難しくまだまだ課題はありますが必要なものはそろっており、ブレークスルーは必要ない段階まで来ています。

 

 

モービルアイ(mobileye)レベル0

自動化無し。人間が運転に関わる全てのタスクを処理・実行している段階。

現在の既存車の大部分がこれにあたる。

 

モービルアイ(mobileye)レベル1,2:ADAS(先進運転支援システム)

いくらかの自動化。車線逸脱による、ステアリング補正や前方車輛との距離を一定に保つためのスピード調整など。例えば、AEB(緊急自動ブレーキ)やLKA(レーンキープアシスト)など。AEB(緊急自動ブレーキ)とは衝突が起こりそうなとき車両がブレーキを実行するシステム。LKA(レーンキープアシスト)はドライバーが車線を外れた時警告もしくは同時にハンドルを操作する技術。

現在進んだ市場でもAEB搭載率は20%以下ですが状況は変わりつつあります。一方で、市場が進んだADASに向かっても依然ドライバーは全てにおいて警告されます。

.モービルアイの技術はいくつかの既存のレベル2システムをサポートしています。2018年、3焦点レンズカメラ、高度アルゴリズムを備えたEyeQ4の登場は明確に高度なADASシステムとレベル3システムの基幹となりました。

 

モービルアイ(mobileye)レベル3:特定条件下での自動運転

レベル3は特定条件下なら完全自動運転が出来ます。複雑でない高速道路(すべての車が同じ向きに走り通行人がおらず交差点がない)は、最も完全自動運転が実行しやすい環境です。一方、緊急時やシステム茶道が困難になった場合は、ドライバーが対応します。レベル3では、特定条件下ではありながら、真の自動操縦に達し、技術が安全性だけでなく生産性を獲得します。

レベル2からレベル3への移行には、十分な安全性の確保が必要です。ドライバーが緊急対応をする必要がある時でも、運転に戻るまでの時間を確保する必要があるからです。

 

モービルアイ(mobileye)レベル4、5:完全自動運転

レベル3の「特定条件下」と違いレベル4、5は完全な自動運転です。レベル4ではドライバーが運転しなくてもすべての運転に関わるタスクに車が対応し、人は乗客になります。

さらに、レベル5ではハンドルなど人が操作するコントローラがありません。この技術の導入初期は特定の範囲でのカーシェアになるでしょう。

運転手のいらない車はカーシェアの費用対効果を良くします。一番コストのかかるドライバーが要らないからです。初期のカーシェアでの導入には大きな2つの利点があります。最初は訓練を受けたオペレーターが同乗し乗客はオペレーターのモニタリングの保証付きで最新技術を体験できます。もう一つは確実に実地データを積めることです。データが蓄積されれば広い利用への規制緩和が期待できます。

クラウドソーシングのREMロードブックを使うことである地点から別の地点への移動はボタンを押すだけになります。

最終的にはカーシェアからシェアオーナーシップにサービスを拡大することになるでしょう。これはカーシェアよりも変化に富んだ全く新しいサービスです。