Skip to main content

モービルアイ(mobileye)の未来を支える技術

モービルアイはADAS(高度運転支援技術)とAD(自動運転)の視覚技術において国際的に先導的な立場にあります。私たちは600人以上の従業員と共に17年間、交通の安全を支える最先端技術を開発し続けてきました。モービルアイは自動車業界の大部分を占めるサプライヤーです(2016年現在27社に自社製品のOEM供給を予定)。
これらはひとえに、提携企業様がモービルアイの先進技術、革新性、敏捷性を評価している査証です。その結果、私たちの技術力は、何万マイルという過酷な走行テストを経て、より確固たる信頼を手にしているのです。
設立当初よりモービルアイはハードウェア、ソフトウェアの両方を自社で開発してきました。これによりアルゴリズムの蓄積と密接に関わるハードウェア開発の領域において、モービルアイの強みを迅速に磨き上げることを可能にしました。ハード、ソフトの相互の影響は、高い性能のみならず、省電力製を両立するうえでも重要です。
モービルアイの開発したチップであるEyeQシリーズは、モノカメラセンサーを基にしたADAS(先進運転支援)の解析ソフトウェアを支える処理能力を提供します。EyeQ第5世代では周辺カメラ、レーダー、レーザー照射全てのデータを統合処理し、準完全自動運転・完全自動運転に対応するほどの能力を備えます。