Skip to main content

モービルアイ(mobileye)自動車が変える未来

「AV(完全自動運転)が一般的なものになるかと聞かれれば、私は明確にイエスと答える。何の疑問もない。技術は完成間近で、AV社会も実現しかかっている。経済的に購入可能で、ドライバーも少しずつ退屈な運転をしなくてもいいというアイデアに馴染んでいく。」(アモンシャシュア、モービルアイCTO、共同設立者)

 

「交通事故の責任の93%はドライバーにある。これは現代の伝染病で、しかし残念ながら多くの人は無関心でいる。AVという特効薬があれば1年間で1万5千の命と50万のケガから人々を助けることができる、だからAV技術は理解されているし、このトレンドは止められない。止まることはありえない。」(ジブアヴィラム、モービルアイCEO、共同設立者)

 

調査によると、1.5万の死亡事故と50万の事故によるケガの90%以上がヒューマンエラーによるものです。ドライバーによる事故の経済損失は年間約6000億$に及びます。モービルアイは技術によって、不必要な死と経済損失を避けられるというビジョンのもとに設立されました。

自動車産業はもう一度、100年に一度の生活の変革を私たちの生活にもたらそうとしています。モービルアイはその鍵を握るものとして、完全ADの実現に専心してきました。

 

モービルアイ(mobileye)ADAS(先進運転支援システム)から完全な自動操縦へ

モービルアイの主要な顧客層は自動車産業の年間生産量と既存車の大部分を占めていますが、彼らとの提携は、単純な商業という枠組みを越えるものです。私達はこのパートナーシップにおいて、交通事故が大きく減少した未来を目指して努力してきました。例えば2015年アメリカでは35,000人が交通事故で命を落としました。私たちの目標は、年間350人以下までその数を削減することです。

AEB(緊急自動ブレーキ)のようなADAS技術は自動運転の実現に近づく上で大きな影響があり、その搭載率が上がるにつれて、私たちのパートナー企業も自社の自動運転の完成度を従来のレベル3からレベル5まで進めてきました。このような士気の高い取り組みの中で、各提携企業はモービルアイをサプライヤーではなく、パートナーとして見ていると感じます。

 

AV開発に広い支持が集まっています。日ごとにAVトレンドは自動車産業に急速な変化をもたらし、その新しい旗手となりつつあります。死傷の減少を望む政府、渋滞の減少を望む都市生活者、快適さを求める通勤者、仕事中に買い物や休憩をしたい運転手から、新しくより良い働き方が提起されています。AVはこれらの要求に応えるカギです。このゴールに到達するには高度なエンジニアの技術、大きな投資、そして時にはリスクを提示し、それを認識することが必要です。

私たちは新技術導入に関する法整備にも目を向けています。連邦交通局は最近AVの詳細なガイドラインを発表、10年間で40億$を安全なAVのために拠出しました。

 

モービルアイ(mobileye)自動操縦実現への展望

完全自動運転車の将来はどんなものになるでしょうか。モービルアイは将来、いつ、どんなモデルが出るか完全に予想は出来ませんが、いくつかについてはすでにコンセプトが生まれつつあります。

完全AVは全周囲センサーを持ち、これらのセンサーで360度全周囲モデルを作成するでしょう。

GPSより圧倒的に正確な地図、REM(自立制御)技術などが360度全周囲モデルを作る大きな要因になるでしょう。高精度の地図で車両は車線上や交差点において正確に現在位置を捉え、あらゆる状況で安全なルートを確保します。

360度全周囲モデルは動体、通行可能道路、射線、歩道、標識、信号それぞれを検知し、進行中の道路がどこに向かっているのかを的確に把握します。

未来の車はAI、ディープラーニングを活用することで、膨大な情報を理解し、人間のようでいながらより安全な方法で対処します。消費者、政府、メーカーのサポートで大部分の車が、少なくともある程度の自動操縦機能を持つようになるでしょう。